無料似顔絵シリーズ!

第一弾 「みなみちゃん」

とん彩やのHPの方にも僕の似顔絵コーナーを設立させていただいているのですが、調子に乗ってこっちにも開設しちゃいます♪見ていってくださいね~☆

僕の似顔絵チャレンジ記念すべき1作目です☆
まだこの時はマジックで書いています。まだまだ素人感満載ですが温かく見守ってくださいねっ!(笑)

少女 処女作

「みなみちゃん」です。

minami

中学一年生で漫画を描くのが大好きらしく、将来は漫画家になりたいとか。
大変興味深く僕の絵を見てくれていたので
えこひいきして一番最初に描いてみました。(笑)

似顔絵を描いてみての感想…う~ん…やっぱり難しい…(-_-;)
このままではあっさり彼女に抜かれてしまいそう
なのでもっともっと練習したいと思います!

ご協力ありがとうございました~~っ!



居酒屋漫画家ブログのトップページへ戻る 急に宴会がしたくなったり、鍋が食べたくなったりしたら、おすすめはこのお店。

☆似顔絵上達をするためにも近代絵画のお勉強☆

17世紀ごろ、画家たちは当たり前な考えに従って絵を描いてきた。「本物は平凡で誰にも褒められないが、その本物をいかにも本物らしく描くと褒められる。画家とはなんと空しい職業だろう」というパスカルが残した言葉がこの時の時代背景を象徴している。そのパスカルの思想とは別問題になるが17世紀のこの頃、パスカルはレンブラントと同時代。そしてそのレンブラントは確かに本物をいかにも本物らしく描いていた。彼の描いた肖像画はまさに真に迫っているということで名声を得たし、肖像画の注文で生活も出来ていたのである。