無料似顔絵サービス

第13弾「ゆみこちゃん」

先日、ひょんなことから口コミが静かに広がり、
小学校 からの同級生であった友人の友人からも似顔絵のご依頼をいただきました。(笑)

「ゆみこちゃんです」。

恥ずかしいということで画像はNGになってしまいましたが、それならば、と
加工して顔をモザイクかけたのですが「それはもっとイヤ!」と言われてしまいました。
女ごころって難しい……

サムギョプサルの焼き加減ぐらい難しいですね!(笑)と、いうわけで制作過程と合わせて発表しようと思います。

似顔絵 製作過程

まずは精神統一。気持ちを沈め、ゆっくりとペンに魂を移していきます。これができるまでに八年かかりました。

似顔絵 女性

下書きを終えて、ひと段落。すこし遊び心を加えるのも私の似顔絵作品ならでは。

ネックレス 豚

素敵なネックレスです。(笑)

黒髪 美女

ペン入れをするとらしくなってきました。(自分で言うとる。)
いよいよ色塗りです!影が濃い部分にはオレンジ、薄い部分は肌色と
色鉛筆の特性もなんとなくわかるようになってきました。
それを覚えるのには12年費やしました。

カラー 似顔絵

素敵な笑顔になりましたね。首に光るネックレスは高級感漂う装飾品になりました。

未完成 似顔絵

飲みすぎか、風邪気味か。ほっぺをほのかなピンク色にしあげれば…?

似顔絵 そっくり

はい、できあがり!!

意外と短時間でかけるようになってきたのでこの調子でがんばって行きたいと思います!(^_^)/

ご協力ありがとうございました~っ☆



居酒屋漫画家ブログのトップページへ戻る 急に宴会がしたくなったり、鍋が食べたくなったりしたら、おすすめはこのお店。

♪似顔絵上達のためについでに近代絵画のお勉強(前回の続き)♪

ボードレールはたくさんの絵画批評を残している。だが、彼の批評が近代絵画批評のお手本として今日も語り継がれているわけは批評から垣間見れるこの絵画の近代性に関する予言的な洞察にあるのだろう。ボードレールという人物こそが「絵画は絵画であれば足りる」という明瞭な意識を持ち絵と向き合った最初の絵画評論家だといえよう。