急病、事故などに愛犬が巻き込まれたとき、助けてあげられるのは飼い主だけです。
緊急時に飼い主が応急処置できるよう、予備知識を身につけましょう。

落ち着いて行動することが応急処置をするうえで一番大切な事です。飼い主が慌てるとその興奮が犬にも伝わり様態を悪化させることもあります。
また、応急処置はあくまで一時的な措置なので犬の様態が悪くなったらできるだけ早く獣医師さんに見てもらうのが鉄則です。
犬が治ったように見えてもかならず獣医師さんのところに連れていき、専門家の診断を受けさせましょう。

また、間違った応急処置によって様態を悪化させることもあるので自分だけでは対応できないと感じたときや処置の方法に迷った時はそれ以上なにもせずに動物病院へ行きましょう。

おやすみ中

「ムリして何かしようと思うのではなく、ダメだと感じたらすぐ専門の人に見てもらうのが肝心でっせ!素早い判断が求められるのでできるだけ冷静な対応を心がけなあきまへんで!」

愛犬(ペット)の病気に詳しくなろう!の目次へ戻る


居酒屋漫画家ブログのトップページへ戻る
宣伝

このブログは安くて美味しい居酒屋とん彩やと、それに関連する面白コンテンツを、一人でも多くの皆様に知っていただきたいという思いで、とん彩やスタッフの手により運営されております。

記事が面白かったら、こちらもどうぞ宜しくお願いします。

グルメ

こちらはとん彩や福島店のご案内です

とん彩や福島店
  • 豚鍋、豚しゃぶ
  • 大阪福島駅からのルート

    面白コンテンツ
  • ミステリー
  • 関西バイクツーリング
  • 似顔絵
  • >